イタチを確実に撃退するなら環境の改善が必要

害獣は種類で体長が異なる

一軒家

自然を愛する人にとって広大な庭や畑というのは憧れでもあります。ビルが建ち並ぶ地域から離れて暮らせば自然豊かな環境に身を置く事も出来ます。しかし自然と共存するという事は動物とも共存するという事になります。動物との距離感が適切であればさほど問題はないのですが、境界線が崩れると動物は害獣となり我々に被害をもたらしてきます。害獣の中には様々な種類が存在しており、その種類によっては体長が異なります。イタチやハクビシンは細長い体形をしており30センチと小柄です細長い体形でほんの些細な隙間の間から室内に侵入していきます。イタチを撃退するには専用の薬剤の散布を行うか、捕獲器が必要になってきます。薬剤には様々な種類が存在するので詳しい専門業者に依頼して散布してもらいましょう。イタチの撃退は薬剤の散布と捕獲器の同時進行が効果を発揮しやすいでしょう。薬剤でも撃退出来ない場合はイタチが好む餌を仕掛けた捕獲器でおびき寄せます。イタチはフェレットに似ており愛くるしい容姿ですが、獰猛な為へたに素人が接触してしまうと指を噛まれて大けがをおってしまう事もあります。捕獲器を使用してイタチを撃退する場合には手を使わずに捕獲出来るタイプの踏み板式の捕獲器を選びましょう。踏み板式の捕獲器であれば手でイタチに触れる事も無いので怪我の心配も少ないでしょう。踏み板式の捕獲器は最初から完成した形での設置は行えるので自分で組み立てる手間もいりません。