イタチを確実に撃退するなら環境の改善が必要

害獣に合った捕獲器を設置

イタチ

農作物や住宅の劣化に悪影響を及ぼす害獣は確実に撃退する必要があります。害獣の中には細かな隙間から室内に侵入する動物も存在します。細長い体形のイタチやハクビシンは2センチから3センチの隙間であっても室内に入る事が出来ます。害獣を確実に撃退したいのであれば、捕獲して野生に返す必要があります。しかし普段動物に触れる機会が無い方にとっては捕獲作業は難しくなります。イタチの撃退にはプロによる依頼が最適と言えるでしょう。プロであればイタチの撃退から捕獲まで行ってくれます。さらにイタチをどの様に撃退するのかも指定する事が出来ます。撃退はしたいけど怪我を負わせたくないと考える場合には捕獲器を使ってイタチを撃退しましょう。捕獲器を使えば怪我を負わせずに野生に帰す事も可能です。

イタチの撃退に使う捕獲器には様々なタイプの捕獲器が存在しています。その中でも比較的設置がしやすいのが足踏み式の捕獲器や両扉式の捕獲器になっています。足踏み式の捕獲器なら手を使わずにイタチを捕獲する事が出来るのでお互い怪我の心配が減ります。さらに両扉式の捕獲器であればイタチが捕獲器に入った瞬間に素早く扉を閉めてくれるので捕獲率も高まります。耐久性にも優れているので、捕獲器の中でイタチが暴れて抵抗しても壊れにくいでしょう。この様な捕獲器はイタチを撃退するのに最適な捕獲器になっています。捕獲器の使用は場所や立地条件によって異なるので、プロの経験やアドバイスを元に設置していきましょう。