イタチを確実に撃退するなら環境の改善が必要

足くくり罠で害獣を捕獲

家

害獣の撃退は様々です。害獣の種類によって異なりますし、害獣の被害が発生する場所や立地条件によっても異なります。素人にはどの様な方法でイタチを撃退すると効果が高いのか判断に迷う事もあります。間違った方法でイタチを撃退しても再発しては意味がありません。害獣の駆除や撃退を専門に請け負っている業者は多数存在するので、専門業者に依頼をしてもらいましょう。イタチは住宅の中に侵入する場合もあれば、家庭菜園や畑を荒らす事もあります。イタチの被害が発生する場所によって撃退方法が変わってきます。

イタチによる被害が広い畑や家庭菜園で発生した場合は捕獲器よりも足くくり罠が効果的に撃退出来るでしょう。捕獲器は草や木に隠れて設置しないと目立ち過ぎてしまうので広い畑や家庭菜園には不向きです。ですが足くくり罠なら軽量で土の中に仕掛けるので捕獲率も高まります。足くくり罠は20センチ程度の深さの穴を掘れる土地なら何処でも仕掛ける事が出来ます。穴を掘ってロープやスプリングを固定していきます。穴を掘った後には分かりやすい様に枯れ葉でマーキングしておくと人が間違って踏む事もないでしょう。足くくり罠を使ってイタチを撃退する事で農作物の被害を食い止めます。1度撃退されたイタチは学習するので怪我を恐れて近寄らなくなってきます。この足くくり罠は小型の害獣を捕獲する時に使用されますが、誤って子供やペットが踏む事の無い場所で使用しましょう。